滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

きちんとした体幹トレーニング教えます

最近、インテル長友選手の活躍などで体幹トレーニングが非常に流行しています。 しかし、表面的に運動を真似ているだけで全く効果のないものや、中にはその人に合っていない体操をさせるために怪我される方が続出しています。 本来、体幹トレーニングはきちんとすれば非常に効果の高いものですが、ジムなどで使う様な大きい筋肉ではなく小さい筋肉を働かせるために繊細な動きになるため、チェックするトレーナー側にもかなり熟練の目が必要になるものです。

当院では国際ボイタ協会公認セラピストの院長が、その人のレベルに合わせた体幹トレーニングの方法をお伝えさせて頂きます。

下記の写真は体幹を鍛える体操の一つですが、片側は効果がないばかりか寧ろ肩や腰を痛めてしまう恐れのある姿勢になってしまっています。
違いがわかりますでしょうか?

inner
×:悪い例
×の理由
筋肉ではなく、骨で支えているため全く筋肉への負荷がかかっていません。
頭が下垂し、肩甲骨の挙上、腰椎の反り過ぎなどが見られるため、このままでは何れかの部位を痛めてしまいます。

inner2
○:良い例