滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

股関節の痛み、下肢の痺れ

46歳:主婦

症状:右股関節の痛みと右下肢の痺れ、便秘

既往歴:乳がん術後

 

体験談:

私が、中壽賀先生に初めて施術を受けたのは、原因不明の右足の痛みからでした。病院に行っても整体に行っても原因はわかりませんでした。 もうこのまま治らないのだろうか・・・・大好きな運動を痛みなしにできる日は来るのだろうか・・・そんな不安な毎日を過ごしている時でした。 最初に、体全体の診断をして頂きました。びっくりしたのは、体の歪み、何が原因でストレスが起こるのか、そんな事まではっきりとわかられたことです。 そして、1回目で(もちろん先生の教えの通り家でもまじめに体操しました)、痛みがすっかり消えました。 不安な毎日に苛まれ過ごしていた数か月が嘘のようでした。 先生には本当に感謝しています。 技術もさることながら、そのお人柄に多くの人が魅了されるのだろうと思います。

解説:

姿勢の評価をした結果、右股関節には問題がなく、左の肩甲帯周囲の筋肉の支持性が低いために身体全体が歪み、痛みが出ていることがわかりました。

image32

そのため、ボイタ法により左肩甲帯周囲の筋活動を促すと右股関節の痛みが消失しました。

筋肉には大きく分けて姿勢を支えるインナーマッスルと身体を動かすアウターマッスルの二種類があります。

肩甲骨の周りにある筋肉はこのインナーマッスルが多く、それらの筋活動が低下することで姿勢は大きく崩れてしまいます。

身体は主に筋肉と骨で支えているので、筋肉の支えが弱くなると骨への負担が大きくなり、関節などに痛みが出やすくなるのです。

そのため、痛みのある股関節を治療するのではなく、姿勢を崩す原因となっている肩甲帯周囲の筋肉を働かせることで痛みを消失させることが出来ました。

一回目の施術の後、自主トレとして左肩甲帯周囲の筋活動を促す体操を伝え、二週間後に来院して頂きましたが、痛みや姿勢の崩れがなかったため自主トレを継続して頂くというお約束で終了とさせて頂きました。

(出典:http://www.shapesense.com/fitness-exercise/muscle-anatomy/