滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

頭、首、肩にかけての痛み

43歳:会社役員

症状:頭部から肩にかけての痛み

既往歴:特になし

 

体験談:

数年前から肩、首そして頭痛と日々悩まされて、頭痛薬を飲む日々でした。

紹介で月に一度受けるようになってからは体調も回復し、薬を飲まなくてもよくなり、受診しなくなりました。

痛みは仕事でのストレスからの影響が大きいようですので、現在も継続して通っています。

21時以降の診療の遅いのも継続できる一つです。 ゆったりとした施術の中で、痛い場所でないところを施術されているのに、最終的にはスッキリして帰ります! 施術中の楽しい会話もリラックスしての爆睡も大変リフレッシュしていると感じます!

日々の身体のメンテナンスの重要性を感じていますので、今後も宜しくお願いします。

解説:

お身体の評価をさせて頂くと、目の疲労が非常に強く、それが視神経から視交叉、外側膝状体、視放線と伝達し、側頭葉、後頭葉の動きが制限されていました。

image33

その結果、脊髄硬膜の動きにも制限が起こり、頭痛や所謂肩こりを引き起こしていました。 施術としては後頭葉から視神経、両目と可動性を出していきました。 すると、首から肩にかけての筋緊張が軽減され、痛みも軽減されました。

ただ、日々のストレスの中で同じような症状がぶり返して来られることがあるので、現在も月に1度から2度通って頂いています。

右図の様に目からの情報は視神経などを通って後頭葉(後頭部)まで走っています。

(出典:http://www.edoctoronline.com/medical-atlas.asp?c=4&id=21878