滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

(不妊症)

image26

40歳:主婦

症状:不妊治療中であったが、一度の流産後中々妊娠出来ず。

毎月の生理痛。腰痛。

既往歴:子宮のポリープと子宮筋腫、チョコレート膿腫の切除術後。

 

体験談:

子宮筋腫、卵巣のチョコレート膿腫での手術、一回の流産、年齢も40歳を間近に控えていたこともあり、不妊治療と漢方薬を服用していました。

私にはこの治療が合っていたのか妊娠することが出来ました。

解説:

度重なる婦人科系の手術により子宮や卵巣の動きが制限されており、特に子宮広間膜に強い制限が見受けられました。

また、肝臓の動きにも制限があったため、解毒が上手く出来ていないために生理で解毒を行っているのではないかと推察しました。

施術としては骨盤の可動性を出し第一次呼吸(生命を営む肺呼吸とは別の、身体が膨張したり収縮したりする循環・呼吸システム)を回復させ、内臓マニュピレーションにより肝臓と婦人科系を中心に施術を行い、頭蓋骨を解放させるテクニックを行いました。

概ね2回/月の施術を行い、3ヶ月後妊娠されました。

※ご子息も診させて頂いています。