滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

(夕方になるにつれてひどくなる腰痛)

74歳 女性

(感想)

朝は動きやすいのですが、時間が経つごとにimg_9138少しずつ腰が痛くなり、夕方にはしなダルく、お茶碗を洗うのも肘をついて洗わないといけない程でした。

しかし、奏さんにお世話になってからはだんだん身体が軽くなり、3回目くらいから良くなりました。

現在は夕方にもしなダルさがなく、お茶碗も肘をつかず洗えているので、本当に嬉しいです。

 

(解説)

人間は背骨がS字カーブしており、そこで動く際の衝撃を逃しているのですが、来られた時はその背骨のS字カーブが理想的な状態とは逆にカーブしており衝撃を逃しにくい状態でした。

これは重力に対して姿勢を支える筋肉が弱くなってしまったために起こると考えられます。

そのため、まだ筋肉が元気な朝は痛みも少なく、夕方になるにつれて姿勢を保てなくなり、痛みが出ていると考えました。

そこで、施術としてはまず背骨のカーブを元に戻せる様に一つずつ緩めて行き、同時に姿勢を支える筋肉を働かせていきました。

3回目辺りから筋肉もついてきて夕方でも姿勢を支えられる様になったので、痛みもなくなりました。