滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

オステオパシーとは?

osteo1

1874年にアメリカのアンドリュー・テイラー・スティルという西洋医学の医師によって公表された科学的根拠に基づく自然医学です。

欧米では社会的認知度も高く、アメリカでオステオパシーの資格を持つ者は西洋医学の医師と同様に手術や投薬など全ての医療行為を許可されています。

オステオパシーの最大の特徴は身体を一つの繋がったシステムであると考えている点です。

また、オステオパシーでは身体・心・魂は繋がっており、この3つが調和の取れた状態を健康と考えています。

この調和が取れている状態は生活習慣、外傷、精神的なストレス、食事などから日々影響を受けており、時に身体の構造を歪められます。

その結果として、身体が本来持っている自ら治る力(自然治癒力)が低下し、痛みや症状が出現してしまうのです。

osteo2

そのため、オステオパシーでは痛みや症状のある部位ではなく、身体全体を解剖学に基づいて筋肉・骨格・内臓・血管・神経・リンパ・頭蓋など全ての器官を評価し、痛みや症状の原因となっている部位を手技療法によって治療します。

原因が取り除かれれば、あとは身体が本来持っている自然治癒力が勝手に症状を取り除いてくれます。

オステオパシーの施術方法

オステオパシーには筋肉、骨格、内臓、頭蓋、血管、リンパ、神経等に対して様々なテクニックがありますが、基本的には全て同じです。

評価で見つけた身体の不調和な部位に対し、圧を加える、ストレッチを与える、動きについて行く等の手技を行うことで、調和を取り戻します。

大切なことは、一部分だけを診るのではなく、頭の先端から足の先までをくまなく調べ、不調和を取り除くことで、身体全体の調和を取り戻すことです。

一部分だけを治療しても、その部位が他の部位にも影響を与えていたらすぐに戻ってしまいます。

身体の動きは非常に繊細なので一見セラピストが手を触れているだけにしか見えないため、よく気功などと間違われますが、全く違います。

オステオパシーでは、身体本来の生理的な動きを出して自然治癒力を高めているだけなので、副作用などはなく、安全で強力な効果が得られるのも大きな特徴です。

筋骨格系のオステオパシー

kiniku

内臓マニピュレーション

naizou

胸郭のオステオパシー

kyorin

頭蓋領域のオステオパシー(頭蓋仙骨療法)

zugai

血管系、リンパ系、神経系のオステオパシー

rinpa

パーカッションバイブレーター

osteo7