滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

搾取の対義語

最近は色んな方が色んな投稿をして下さっているので、

色んな情報をキャッチしやすくなり、

「有難いなぁ。」

と思っている昨今。

たまに目にするのが、

「支配」「搾取」の時代から、

「自由(調和)」「愛」の時代にひっくり返る!

という様なことが書いてある記事です。

いや、もちろん僕だって、

これが本当で、

「支配」「搾取」

「自由(調和)」「愛」

だったら、後者を迷わず選びます。

ちなみに、

「支配」の対義語をネットで調べたら、

「自由」「調和」と書いてる方もいましたので、

これは何となく理解出来ます。

ただ、

「搾取」の対義語「愛」というのは、

ピンと来なかったので、調べてみました。

まず、搾取という言葉の意味は、

「第一義的には動物の乳や草木、果実の汁などをしぼりとることを意味する言葉。

一般的には、人を自分本位に、または非倫理的に利用することを言う。」

と書いてありました。

そして、搾取の対義語を調べてみたところ、

なんと、、、

 「ない」

 と書いてありました。

嘘でしょ?

と思ったのですが、僕の調べた限りでは無さそうでした。

※もしあったら教えて下さい。

そこで、

「ないなら考えよう!」

と思って考えてみました。

まず、思いついたのが

「両得」

という言葉。

この意味は

「両者が共に得をすること」

と書いてありました。

でも、「調和」の時代になっているのに、

そもそも「得」とか「損」とかそういう次元なのか?

と思ってしっくり来ませんでした。

そこで、次に思いついたのが

「利他」

という言葉です。

これは

「自分を犠牲にして他人の利益を図ること。」

と書いてありました。

これは大変素晴らしい言葉だと思ったのですが、

受け取る側変な思惑があったりした場合

送る側はただの

「自己犠牲」

になってしまい、

下手すると「搾取」と変わらないのでは?

と思いました。

例えば、「利他」のわかりやすいキャラクターは

ア○パンマン

だと思います。

お腹の空いたというカ○オくんに、

「力が出なくなる」というリスクを背負って、

顔を差し出すア○パンマン

これは完全に「利他」ですが、

カ○オくんが本当はそこまでお腹空いていないけど、

「食べといたら自分の食費が抑えられるし、こいつ所詮は脳みそアンコ野郎だからな!」

とかの思惑があった場合、

余裕で「搾取」になると思います。

(ちなみに、あの世界で本当に「利他」の心を持っているのは、

パンチ力正義感強いだけ居候見返りを求めず衣食住と、

彼の活動の支援を行っているジャ○おじさんだと思います。。。)

そうなると、「搾取」の対義語を考える時に、

「行動」

だけではなく、

その行動を行う上での、

双方「あり方」とか「精神性」を考慮しないといけないのか!

ということに気が付きました。

つまり、

「行動」としては「両得」であったり、「利他」で良いけれども、

「精神性」としては「愛」なのか!

と思い、ハッとしました笑

きっと、僕らは今まである意味「物質的な豊かさ」を追求してきたんだと思います。

そのため、思考

「どうしたら、(物質的に)豊かになるのか?」

とかの発想になりがちです。

その際たるものが、こういうパニックになった時

「買い占め」

をしてしまう心理で、

更にその先の

「転売」

になるんだと思います。

トイレットペーパーにしろ、マスクにしろ、

「転売」

という「行動」

ダメな訳ではありません。

寧ろ、多くの商社などはそれをお仕事にしています。

ただ、こういう時こそ大切なのは

「行動」に対する「あり方」とか「精神性」

だと思います。

僕ら日本人はその「あり方」とか「精神性」を特に大切にしてきた民族だと思います。

例えば、震災が起こった時なども、

みんなお金に余裕のある人義援金を送り、

時間のある方被災地へ行ってボランティアをし、

そこには物質的な見返りを求めず

助けられた側

「感謝」

という精神性の部分でのお返しをする。

この循環に対して、

物質的な「得」とか「損」という思考殆どないと思います。

これを誰に教わる訳でもなく、

当たり前の文化として美徳としてきた。

なので、多くの方がトイレットペーパーやマスクの転売のニュースを見た時に悲しい気持ちになったんだと思います。

そのため、

福沢諭吉が明治時代に入った時に「デモクラシー」という言葉を「民主主義」と訳した様に、

「搾取」という言葉の「対義語」

「両得」「利他」という「行動」と、

「愛」という「精神性」

そして、

「感謝」という「循環」

を兼ね備えた言葉として生まれ、

普通にみんなが使う様になった時に初めて、

「自由(調和)」の時代になったと言えるのではないか?

と思いました。

頭ではわかってるつもりなのに、まだまだそこまで考えも行動も追いつかない自分に向けて、こんなことを書かせて頂きました。

あ、それと搾取の対義語として良い言葉が思いついた方は是非教えて頂ければと思います。

 

僕としては、

環徳

(“得”ではなく、が宇宙を“環”るから)

とか考えてます笑

中壽賀宣行

 

Line・YouTube・Twitter・Facebook・Instagramのご案内

【初著書『からだはかんぺき』noteにて公開中!!】

https://note.com/holosophy/m/m2ada2a0…

Lineはコチラです。

良ければ下記から気軽に登録お願いします。

友だち追加

ちなみに

YouTubeは→すがじかんfromホロソフィー

最近はラジオ動画にハマってます。

 

Twitter→こちら

 

 

Facebookは→こちら

 

Instagramは 中壽賀宣行→こちら

 

施術院奏→こちら

 

 

全国各地への出張講座も可能です。

お気軽にお問い合わせください。

(講座リクエストフォームよりお申し込み・お問い合わせ可能です)

↓↓↓

講座開催リクエスト

 

単発講座のご案内
(詳細・お問い合わせはリンク先へお願いいたします)

■月13日(水)【愛知・西尾】(募集中)

協力者:鈴木優香さん

講師:中壽賀宣行

午前:入り口に聞いてほしいカラダの根っこ →オンライン対応

午後:お母さんに聞いてほしい こどもの歯のお話 →オンライン対応

詳細→コチラ

■月21日(火) 【大阪】(募集中)

協力者:頭師理恵

講師:中壽賀宣行

午前:身体の紐解き方 →オンライン対応

午後:お母さんに聞いてほしいこどもの歯のお話  →オンライン対応

■月14日(日)【横浜】(募集前)

協力者:ふかさわなほさん

講師:中壽賀宣行

内容

午前:身体の紐解き方

午後:身体の奥行き1

詳細→もうしばらくお待ち下さい

 

施術会のご案内

<協会主催施術会>

■ 5月16日()岡崎ホロソフィー施術会(募集開始前)

詳細→お待ちください

■ 5月17日()岐阜ホロソフィー施術会(募集開始前)

詳細→お待ちください

<招致による施術会>

■月22日(大阪市)(募集前・予定)

協力者:頭師理恵さん

施術者:中壽賀宣行・藤田卓也

■月15日(横浜市)(募集前・予定)

協力者:深澤なほさん

施術者:中壽賀宣行

 

ホームホロソファー講座
(詳細・お問い合わせはリンク先にお願いいたします)

ホームホロソファー講座スケジュール(Googleカレンダー)

PCからご覧の方は、右のサイドバーに同じものがございます。

ホームホロソファー講座の開催リクエストもこちらからどうぞ。
→講座開催リクエストフォームはコチラ               

  

本講座のご案内

■【名古屋】2019年11月~2020年10月(再受講のみ募集)

第3期 マスターホロソファー講座 アドバンスコース

 

■【滋賀4期】2019年11月~2020年4月(再受講のみ募集)

マスターホロソファー講座 ベーシックコース

   

image

日本ホロソフィー協会 公式HP

日本ホロソフィー協会 公式Facebook

日本ホロソフィー協会 note