滋賀、オステオパシー、ホロソフィー、大津、雄琴、高島、今津、草津、栗東、守山、野洲、近江八幡、彦根、長浜、クチコミ(口コミ)、整体、ボイタ、頭蓋仙骨療法、腰痛、頭痛、生理痛、不妊症、ムチウチ、発達障害

「いただきます。」「ごちそうさまでした。」を言う理由

先日、患者さんと喋っていて、

「(娘がしっかりして来て)こっちが言うことの理由をすぐ聞いてくるんです。

それでちゃんとした理由を言わないと聞いてくれなくて。」
と言われました。


「確かに、

「赤信号は止まらないと車に轢かる。」

みたいな明確な理由があるものは良いですけど、挨拶とかの理由は困りますよね。」
という話をしていました。

その流れで、
「いただきます。」
「ごちそうさまでした。」
を言う理由の話になりました。

その時に昔ある著名なヒーラーさんに、
「いただきますとごちそうさまを言うとカミ様が喜ぶのよ。」
と言われたのを思い出しました。

 

その時はさっぱり意味がわからなかったのですが、

今は自分なりの解釈があります。

 

昔から日本では自然には八百万のカミが宿っていると考えられており、

このカミというのは=神(god)ではなく、

カミ=何か自分たちでは計り知れない大きな力。自然現象そのもの。

と考えていました。

 

確かに今の日本においては科学や農業技術の進歩により、昔より遥かに簡単に、そしてあらゆる環境でも食べるものを安定して栽培したり、飼育・狩猟出来る様になりました。

 

しかし、どれだけ科学が進歩しても、変わらないこと、

 

それは

生命を生み出し、育てるのは自然だけだと言うこと

です。

 

そう思うと、

当然、食べるものを育ててくれた農家さんや漁師さんたち、

食材を販売してくれる方、

料理を作ってくれる方たちに感謝の気持ちを伝えるのは本当に大切です。

 

でも、最初にその食材を生み育ててくれているのは自然でしかない。

 

なら、そこにも感謝を出来る人はカミ様喜ぶよな。

と今では思っています。

 

 

実は僕の弟も農業をしていました。

 

しかも、僕や父の入れ知恵で
「せっかくなら」
と無農薬のお茶を作っていました。

無農薬のお茶

これ思った以上に大変でして、
雑草

獣害
手塩にかけて育てたお茶は美味しければ美味しいほど簡単に虫や獣たちに食べられてしまいます。

 

それを色々工夫して、只管守って。

 

 

もう一層
「農薬使えば?」
と何度も思いました。


 

でも、そんなこんなを乗り越えてやっと収穫の日。

僕も何度か手伝いましたが、まぁ大変。
バリカンの様な機械をお茶の木を挟む様に持って、何往復も横歩きするんです。

 

次の日は全く腕が挙がらない状態になります。

 

でも、周りを見渡すと、本当に緑がきれいで、空は青くて、

そんな中、家族みんなで

「あーだ、こーだ。」

言いながらの作業は、身体はしんどいのに凄くしあわせな時間でした。

 

 

そして、弟が

「ずっと一人で作業していると、お茶を育てているって気持ちはなくなってくる。

なんか、勝手に育ってくれているのが不思議でしょうがないけど、そのお手伝いしか出来ないなって思う。」

と言っていたのが印象的でした。

 

なんか、これって施術にも、人付き合いにも、子育てにも、全てに通じる気がして。

 

「育てている。」

って思っている時点で個人のエゴが入ってしまっています。

 

あくまでそれをしているのは自然が勝手にしてくれているだけ。

 

そして、僕らなんかが出来るのはそのお手伝いでしかなく、

結果的に育ったものには感謝の気持ちを持つ。

 

そんなスタンスが僕は好きです(笑)

 

梅雨には雨が降り、

夏には沢山お日様が大地を照らし、

秋には紅葉し、

冬には雪が積もり、

そして、春には芽吹く。

そんな当たり前のことって、普段中々有難いと思えないんですよね。

 

でも、そのお茶作りを始めてからと言うもの、

お茶を作るのがあれだけ大変なんだったら、

当たり前に着る物があって、

当たり前に食べる物があって、

当たり前に住む家があってと言う

当たり前のことって本当に特別なんじゃないか思える様になりました。

 

なんなら、

当たり前に家族がいて、

当たり前に友達がいて、

当たり前に平和な国があってと言うにも本当に特別なことなんだと思います。

 

寧ろ、

当たり前のことこそ有難い。
今はそう思います。

 

そして、

そんな当たり前のことをしてくれている自然への感謝。

 

お茶作りを始めてから、

そんなことを誰かれともなく家族で喋る様になりました。

そして、たまたま家族で行った比叡山の法要の時に、

出して頂くお食事の前後に食前観・食後観というものを唱えました。

それが凄く良かったので、今も食事の前後にそれを唱える様にしました。

(※我が家のお墓は浄土真宗ですが、その辺りはボーダレスです)

 

妹(比叡山高校卒)だけは

「宗教ぽくって嫌。」

と未だに言いませんが、それもまた自由です(笑)

興味のある方はこちらをどうぞ

→天台宗:食事の作法

 

「お茶は無農薬しか飲まない!」

とか言っていた僕も、今は無農薬だろうが農薬使ってようが出して頂いたお茶は美味しく頂く様にしています(笑)

 

「いただきます。」

「ごちそうさまでした。」

本当に大好きな言葉です。

  

講座のご案内(日本ホロソフィー協会主催)
■11/18(土)【名古屋】new 募集中

 ホロソフィースペシャルセミナー開催決定!!        *お母さんに聞いて欲しいシリーズ*             【(年代別) お母さんと子どもの身体とココロの変化・対処法】                                                 【お母さんに聞いてほしい子どもの歯のお話】                                     詳細は>>>コチラ


■【新潟県上越市】
マスターホロソファー(アドバンス)講座(開催中)

■【名古屋】
マスターホロソファー(アドバンス)講座(募集終了・開催決定)

■【東京】
マスターホロソファー(ベーシック)講座(募集中 10/20まで)
施術会のご案内

■10月施術会はお休みです

■11/12(日) 名古屋ホロソフィー施術会(募集開始前)

■12/16(土) 名古屋ホロソフィー施術会(募集開始前)

 

ホームホロソファー講座
(詳細・お問い合わせはリンク先にお願いいたします)
最新情報はコチラ

 

講座開催リクエスト
講座開催リクエストフォームはコチラ

 

image

日本ホロソフィー協会 公式HP

日本ホロソフィー協会 公式Facebook